--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

入居しました

昨日アパートの契約書にサインし、正式に契約をしました。

契約書で1つ笑えたのが、この建物は古い為、電気の供給量が低いのでクーラーは使用禁止との事。えぇ~、夏にクーラー使っても電気代が気にならないから”やったねぇ”と思っていたのに。洟から使えないって話です(笑)。こんな契約があるなんて初めて知りました。ボストンの建物の方がよっぽど古いと思うんだけどな。でも、下の部屋にクーラーあったの見たもんね。ま、これは夏の様子を見て考える事にしますわ。

契約後、マネージャーさんと一緒に部屋のチェックをし、いくつかやってもらう事があるけど、壁はペイントしてあるし、床も磨いてくれたし、キレイになっていて満足。掃除をせずに住めるなんて初めてでとっても嬉しい。NYのアパートも汚かったけど、ケンブリッジのアパートもひどいもんで、床は5回以上拭いたし、だらしないスモーカーだったのか吸殻がいたるところにあるし(ちゃんと捨てろよ、危ないな)、キッチンも汚いし(要はどこも汚い)で掃除大変だったんですよね。今回のアパートは、「冷蔵庫のニオイが気になるから再度掃除する様にメンテナンスにオーダーを出すわ。」とマネージャーさんが言うのを聞いて、

「そんな事までしてくれるんですか~!」と感動 smile-8

そんなん自分でやるのが当たり前だと思っていたよ~。
もう1つ嬉しかったのが、便座が新しくなってた事。ケンブリッジの時は古くて嫌だったので、自分達で調達しました。今回はきちんとビニールがかかっていてホテルみたいで気持ち良いのだ。

早速、邪魔だったものをいくつか移動させました。いや~、やっぱりいいですね、広めの部屋。今のアパートも悪くないけど、別でベットルームがあるというのは、やはりとってもよろしいです。
ダンナは今、日当たりの良いキッチンで仕事をしてるので、私のお城であるはずのキッチン(ダイニング・テーブル)は仕事場と化し、食事も昭和?ってな感じで、小さなテーブルとも呼べないような台で食べているんです。ダンナはこれからベットルームで仕事するから気兼ねなくキッチンを使えるし、食事もきちんとテーブルで(まだ買ってないけど)出来るから嬉しいなぁ。あと気にならなくなったとは言え、やはり義兄の部屋に住んでいるという感覚があったんだな~と自分達のアパートに入って思いました。(快適だったよ、ありがとう) マネージャーさんに

”Welcome home." と言われたのが妙に嬉しかったです。 ジ~ン うる

メンテナンスの人がまだ土足で部屋に入るので、全て完了したら、久しぶりに床を雑巾がけなんぞして新生活スタートさせたいなと思います。

昨日の夜は、新しいアパートのキッチンに座って、下の部屋から持ってきたビールで2人で乾杯しました 
スポンサーサイト
03:05 | 手続き関係 / お引越し | comments (15) | trackbacks (0) | page top↑
Sun.

下の住人は誰になる

昨日の朝、義兄から「今日彼がディポジットを渡しに行くから。」とダンナに連絡がありました。これで彼らも一安心だろうと思いながら私は出掛たのですが、出先で携帯が鳴り、

”アパートの事で、bad newsがある・・・。”

と言うダンナ。
義兄達の方は大丈夫だと思っていたので、私達のアパートで契約前に何か問題でも起きたのかと思い、びびりながら「なによ。」と聞くと、

”義兄と彼のアパートが他の人で決まっちゃった。”と言うじゃないですか。

なにそれ~! いったい何が起こったの?

下の管理オフィスには、マネージャーさんの他にアシスタントのような女性がいるのですが、彼女が少し前に飛び込みで来た人(以下Aさん)に、私達の次のアパートを見せたらしいんです。下の部屋も間取りは同じとの説明(ちょっと違うんだぞ)でAさんは即決し、すぐに申し込み書とディポジットを入れて、バックグラウンド・チェック中だったそう。マネージャーさんはその事をまったく知らずに兄彼に下のアパートを見せ、申込書も受け取ったと。今朝、Aさんがご丁寧に「その後どうなったか?」と電話をしてきたので、そこで初めてマネージャーさんは事の成り行きを知りびっくり仰天。

彼から電話をもらい、義兄が急いで電話でマネージャーさんを説得したのですが、「もう遅い。」と言われたそうです。く~、契約に関してはマネージャさんが全て取り仕切ってるから、申し込んだ時点で彼女にOKと言われれば完全に大丈夫だと思っていたのに。やられた。ってか、どうせなら散らかった下の部屋見せてよ。あの部屋見たら気持ち違ってたかも知れないのにな。。。即決するにはかなりの想像力を要するはず。私達だって、あの部屋を見てたら決めてたかわからなかったぞ。

うちのアパートに初めてディポジットを入れる人はチェックは受付けてもらえません。義兄ではなく、彼が申し込みをしたのでCashかマネーオーダー(現金と同じ扱い)のみ受付け。だから彼は即ディポジットを渡せず、翌日銀行へ行って、改めて渡しに来る予定だったと言うわけ。それですでにCashでディポジットを入れていたAさんに1歩(100歩)遅れを取りました。義兄ならその場でチェックを書けば済んだ話。

でもこれ、Aさんが電話をしてくる前に兄彼がディポジットを渡していたらどうなったんだろう?マネージャーさんの手には2つの現ナマ・ディポジットが。1人には絶対突き返さなくちゃいけないなら彼女はどっちを選ぶ?順番的にはAさん。だけど管理者として信頼出来るのは、ずっと住んでいる義兄の方。さてさて。仮定としても、一歩遅かった事が悔やまれるわ。Aさん、なんでまたグッドタイミングで電話してきたのよ~!ま、言ってみても仕方ない。やっぱりね、アパート探しはほんと最後まで気が抜けないです。何があるかわからないので、気に入ったらすぐにディポジットを渡しましょう。

うちもまだ部屋のクリーニング待ちで(水道以外はOK)、正式にはまだ契約していないの。一昨日、部屋を見ていた時にマネージャーさんに「今週中(昨日)に用意が出来るはず。」と言われたので、「支払いが減るから、出来たら週明けに契約したいよね。」と言って、出掛ける時もオフィスの前を通らない様に裏口から出るというせこい行動に出たんですが、うちも何か起こるんじゃないかと心配になって、「今日契約して!」と押しかけたくなりましたよ。電話がなかったという事はまだなんだろうし、ディポジットも入れてるから大丈夫だけどさ。

義兄はいつも通り冷静ではあるものの、やはり落ちたようで、夕方に「鬱憤を晴らすために週末NYへ行く!」とメールが来たので、「美味しいチーズケーキを食べといで。」とダンナがメールを返しました。彼の方は来週に重要な最終テストがあるから猛勉強中なんだよな。部屋もかなり気に入ってルンルンだったのに、ムカつきながら勉強するしかないなんてかわいそうに。頑張れ!

せっかくご近所さんで楽しそう~と思ったのに、とても残念。
でも義兄的にはマネージャーさんとも仲良しで、きちっと管理しているのも気に入ってるので、出来たらココで決めたいそうです。これから空きが続くみたいだし、彼は来月末まで今住んでいるアパートにいるので、その後も少しの間2人で義兄のアパートに住みながら空きを待つ事も出来るし、次に期待です。めざせ、やっぱりご近所さん。必ず良いとこ見つかるよ。ファイトだ、義兄&彼。
02:53 | 手続き関係 / お引越し | comments (8) | trackbacks (0) | page top↑
Fri.

ほんとに住んじゃう

義兄が私達の下のアパートの事でマネージャーさんに電話をしたら、「他にも興味ある人がいる。」と言われたそうで、彼が今日急いで部屋を見に来たので私達も同行しました。同ビル内に2部屋と隣のビルで1部屋空きがあったので(住人はまだ住んでる)計3部屋へ。

まず、私達の下の部屋を見に行ったら、あまりの散らかり様にびっくり。引っ越すのは今月末らしいけど、いったいどこで寝てるんでしょう?もう1つの部屋は静かだけど小さいので即却下。隣のアパートは広いけどレイアウトがいまいちなのと、通りに面しているので騒音が気になります。やっぱり、ココってアパートを見つけるのは難しいわ。

apt.jpg ← 住人は女性なのよ。もう違うとこに住んでるのかな。

途中から彼の30分後にアポを取っていた男性も加わって一緒に見ていたんですが、彼が「下の部屋に決める!」と言ったので、その人は下の部屋を見る事はなくなりました。男性的にはいったい何が起こってるんだ?と言った感じではなかったでしょうか。かわいそうに。でも、決めたもん勝ちだもんね。

と言う訳で、ダン兄と彼は本当に私達の下に住む事になりました。笑える。
ダン兄はまだワシントンD.C.にいるので実際にアパートを見れないし、送った写真もすっごい散らかった部屋なのでちょっとビビったみたいですが、彼が説明し、「皆を信用する。」と言ったそう。いや、私達じゃなく君達の部屋だから(笑)。彼はアパートを気に入ったみたいだし、ダン兄と暮らせるのがとても嬉しそうで良かったです。なんかフレッシュな感じでいいなぁ。

ダンナと義兄が同じ屋根の下に住んだのは10年以上前の話。同じ都市ですら10年ぶりです。冗談半分で言った事なんだけど、本当に上下で住む事になったのはとても不思議。部屋は違うけど、ご近所さんで楽しく暮らせるといいなと思います。

”砂糖貸して~”とか窓から叫べるね、と言って皆で笑ってました。
15:32 | 手続き関係 / お引越し | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
Fri.

安く済ませたいぞ

今日ディポジット(敷金?)を渡したので、正式にアパート決まりました。あとは書類を提出するだけ。マネージャーさんは私達の事を知っているので、クレジットチェックもなしで楽ちんです。

引越しは上に行くだけなので非常に楽なんですが、もともと荷物がないので、今のアパートから運ぶものってそんなにないんです。洋服とグラスや鍋などのキッチン用品。家具はまた一から揃えないといけないの。コレが面倒くさい。と言うか、高いっしょ。

次のアパートは収納が多いから助かるんだけど、一から揃えるのって大変。ダイニングテーブルに椅子。ベッド、ソファーにコーヒーテーブル、仕事机、テレビにTVスタンドは最低限でしょうかね。それプラスいろいろ。きゃ~。全てメイン州にあり。NYへの引越しじゃなければいろいろ売ったんだけどね。テレビは義両親が使っております。

1番のガンはソファー。ある程度の物が欲しいとなると高い上に送料も高い。こっち送料高いんですよ。IKEAだって近くても100ドル以上するの。日本のIKEAは送料いくらなんだろう?引越し時はトラックが欲しくなります。

この間荷物整理の為に箱を開けたら「なんでこんなのが・・・。」ってな物が多くてニガ笑い。本以外送るものがほとんどなくて安心したんだけど、残ってる物を売りたい。Yard Saleやりたいぞ。特にソファーを売って今の足しにしたいですね。なかなか良いソファーを在庫処分で買ったので、座り心地が良くて好きだったんです。ヘタなソファー買うなら送るかな?と思ったんだけど、やっぱり送料が高いのでムリ。

車で持って来れそうな物は、アパート探しでも使ってるこちらのサイトをチェックしてます。今日、一足遅くて気に入った棚を逃したの。残念。安くてもダサいのは嫌だしね。ボチボチやってこ。

カーテンも縫った方が安いか、買った方が楽か考え中。これはまた入居してからサイズを測って考えます。楽しいんだか面倒くさいんだか。見て周るのは好きなんだけどな。お金があったら楽しいね、きっと。

週末は、Yard SaleとIKEA、家具屋さんを周る予定です。Yard Saleに期待。

20070607232958.jpg ← 入居直後のCambridgeアパート。斜めってるの分かる?
16:25 | 手続き関係 / お引越し | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
Thu.

決まっちゃいました

メインから帰って来て、ネタ的には面白い事が発生したんですが、どうもピリっとせずブログ放置しとりました。(忘れないでぇ)

では本題へ。

 今日、次のアパートが決まりました 

自分達でも驚く、超ハイスピードな展開。
いよいよアパート探しも気合を入れないとと思い、いくつかサイトをチェックし、週末には検討中のエリアを歩いてみたりしたんですが、どうもコレと言った感じを得られず、昨日も「探すの面倒くさい~。」なんて思いながら買い物の後、車で一人違うエリアに行ったりしたんです。

一応、今いるエリアも再検討しようと言っていたので、昨日の夕方に現アパートのマネージャーさんと話しをしに行ったら、すぐに空き部屋を見せてくれました。でも、見てすぐに「こりゃダメだな。」と思ったので、一応「2人で考える。」と部屋を出ようとすると、「もう1部屋空いてる。」と言うので、次はそちらへ。

その部屋は最上階の角部屋で、「夏場は暑いかも知れないけど、ダウンタウンの夜景が見えるのよ。」と嬉しいコメント付き。入ってサラっと見て「ここならイケる。」と思いましたねぇ。そういうのありません?

ダンナが気持ち良く仕事出来るようにと気にしていた日当たりもまぁ良いし、建物の裏側なので今より静かだし、私が一番気にしていた光熱費が、

 全て込みぃ! (水道、ガス、電気) 

これはデカイ、やはりデカイ。どんどこ~い。

部屋に戻って、あまりの展開の早さにびっくりしつつ、「え、決めちゃう!?こんなすぐに決まっちゃって良いの?」なんて興奮ぎみで義兄に帰って来る日を確認し、ダンナがマネージャーさんに交渉しに行く事に。事務所へ行ったら、

マネージャーさん、もう帰っちゃってました・・・。

問題は、現在掃除中だけどアパートがすぐ入居可になること。義兄は7月に帰って来るので、マネージャーさんに今月末まで待ってもらえるか今朝交渉しに行ったら、彼女は良いけどオーナーが空き部屋を許さないので、入居するならすぐ(半月分の家賃支払い)じゃないとダメとの事。それでも気を揉まずに済むのは大きい。古くても最上階角部屋だし(今、上の住人ドタドタうるさいんです)、駐車場も確保出来るし!と決めちゃいました。念のため、もう1回見せてもらってあっさりと。

少し違う感じのエリアに住みたいなと思っていたんですが、毎月の事、やはり家賃には敵いません。キッチン、バスルームが小さめなのと、ベットルームの床が”オフィスですか?”と言いたくなる業務用カーペット(L.A.カーペット多いです)っぽいのが気になりますが、この際目を瞑ります。少々難ありでも納得いくとこが見つかって何より嬉しい。

決まる時はこんな風に決まってしまう。NYの時とはえらい違いです。もう考えずに済むなんて夢みたい。友人が7月初旬に遊びに来る事が決まっているので、出来るだけ早めに決めたかったんです。すぐ入居なら彼女が来る前にある程度の準備も出来るし、とっても気が楽。今日早速IKEAへ行って家具をチェックして来ました。

今は契約書類を待っとります。早く引っ越したいな~
そういえば、今週末に義兄が彼氏とアパート(エリア)探索する為にD.C.から来るんです。来月には私達の真下のほぼ同じ間取りの部屋が空くようで、それをダン兄に間取り図付きで伝えたら、「明日マネージャーに電話して、週末自分が見れないなら彼氏に見に行ってもらう!」と言っていたそう。彼らが本当に真下に住んだら笑えるな。

あ~、今日はいい夢が見れそうだ。
16:32 | 手続き関係 / お引越し | comments (5) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。